探偵のリアルタイム

世の中にある最も普遍的な障害は、人と人との考え方の違いである。
空気を読むのは日本的な美意識であるが、読みすぎて悩むよりは、
意識の多様性に思いを巡らせて、心を落ち着かせる方が良い。
自らを誤魔化しているように聞こえるかもしれないが、
そうした強さや、ある種のしたたかさを身に付けることが、
大人になるということだ。

自らの優しさを制御し、自らを守るために、意図的に
鈍感になる術を覚えるだろう。
いつまでもナイーブでいることに、
社会は決して寛容ではない。
「強さ」と「優しさ」を併せ持つこと、そしてそのバランスを
取り続けることは、たいへん困難な時代である。

だが、米国のハードボイルド作家、レイモンド・チャンドラーは、
その作品の中で、主人公の私立探偵マーロウに、
こう言わせるのである。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ

電話お問い合わせ