探偵の血の浪漫を

14年ダービー馬ワンアンドオンリー引退、通算4勝
ハーツクライ産駒の初のダービー馬。
ハーツクライ自身が勝てなかった日本ダービーを産駒が勝った時は感動しました。
先週もハーツクライ自身が勝てなかったジャパンカップを制したシュヴァルグラン。
奇しくも二着がライバル馬であったキングカメハメハ産駒のレイデオロ。
探偵の血の浪漫を強く感じました。
今後はジャスタウェイやシュヴァルグランなどがライバルになりますが

ワンアンドオンリーもまた素晴らしい種牡馬となって父を超えてほしいものです。

同一重賞三連覇。記憶にあるのは阪神大賞典のゴールドシップ、金鯱賞のタップダンスシチー、函館記念のエリモハリアー。今週はマラソンレースのステイヤーズステークスでアルバートがその偉業に挑む。リピーターが強いこのレースであるが、ライバル馬も多く一筋縄ではいかぬと思いますが。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

電話お問い合わせ